沿革

三井物産フォーサイト(株)(MBF)の沿革

1974年02月 日本鋼管(株)本社ビルの管理及びオフィスサービスを一元的に行うために日本鋼管の全額出資(資本金20百万円)で、日本鋼管ビル管理(株)として設立。
2003年04月 日本鋼管と川崎製鉄の経営統合(JFE)を機に、JFE都市開発(株)の中核子会社となり、JFEアーバンプラス(株)と改称。
2010年07月 三井物産(株)(MBK)が買収、アーバンプラス(株)(UP)と改称。
2011年09月 社名を三井物産ファシリティーズ(株)(MBF)と改称し、本社を川崎市から品川区大崎に移転。
2011年10月 物産ファシリティサービス(株)(BFS)を合併。物産コミュニティー(株)(BCC)のマンション管理部門及び財務管理部門を承継。
2015年10月 物産プロパティマネジメント(株)(BPM)と合併。

物産ファシリティサービス(株)(BFS)

1973年12月 スェーデンABE社とMBKとの折半出資で、施設の清掃及び管理事業と清掃機器材の販売を目的に前進となるネスコ(株)を設立。
2005年10月 社名をBFSに改称。
2008年05月 「喜連川社会復帰センター」での作業業務・職業訓練業務をMBK主管部から受託。09年4月医療業務も受託。
2011年01月 静岡・笠松・黒羽の3刑務所で作業業務・職業訓練業務を開始。
2011年10月 MBFと合併。

物産コミュニティー(株)(BCC)

2000年11月 MBK主管部が分譲するマンションの総合管理、企業社宅借上げ代行・賃貸仲介を事業分野として設立。
2011年05月 MBFとの合併に先立ち、住宅賃貸借代行事業を長谷工ライブネット(株)に承継。
2011年10月 MBFと合併。

物産プロパティマネジメント(株)(BPM)

1989年09月 日比谷ビルサービス(株)(資本金1千万円)を物産ビル別館1階(港区西新橋1-1-15)に設立。
1991年09月 社名を(株)エイチ・ビー・エスに改称。
2007年09月 社名を物産不動産ビルサービス(株)に改称。
2011年10月 社名をBPMに改称。
2013年10月 物産不動産(株)からビル事業部・技術部の機能の一部を移管し組織を改編。
2015年10月 MBFと合併。