bcp

BCP策定運用基準 行動指針

 

概要
災害発生時の行動指針を定め、実行に移すためのスタートソリューションを提供します。災害発生には、迅速な避難と行政等の支援が必要であることは当然ですが、被災者にとっては家族の安否確認が最も重要です。これは企業におけるBCP(事業継続計画)においても同様で、従業員の安否確認が急務となります。三井物産フォーサイトでは、人の安否確認と事業継続のために行動できる人材の確保・事業継続ルール「行動指針」の策定・周知徹底の計画・設計のお手伝いをします。
BCP対策に有効な手段として、クラウド型保管サービスの万全なセキュリティにより個人情報を含む重要文書等を、紛失・漏洩または環境上のリスク(漏水、火災)から守り災害等の緊急時にも、企業の重要文書をバックアップします。

 

BCP策定運用基準について

 

「事業継続計画」とは、企業が自然災害、火災、テロ攻撃等、原因は何であれ、緊急事態や環境の変化により、重要な業務が停止もしくは中断し、売上・収益の低下や信用不安等に見舞われた際に、あらゆる業務の中から重要な業務のみを絞り込み優先的に継続する体制や早期復旧を可能とするための仕組み・ルール等の事業継続(生き残り)戦略のための方法、手段などを事前に取り決めた手順書である。

pagetop

 
 HOME  三井物産フォーサイト総合ホームページ  プライバシーポリシー  個人情報取扱い  サイトマップ  お問い合わせ
三井物産フォーサイト(株)FM・PM 総括本部
〒141-0032 東京都品川区大崎1-6-1 TOC大崎ビル1号棟7階 TEL 03-5759-5255
©Copyright© 2015 Mitsui & Co. Foresight Ltd.