長期修繕計画の作成及び見直し業務

建物診断

一見堅牢に見えるマンションも竣工後の経年劣化並びに外部環境の影響により、美観を損ね、その機能性も次第に低下していくものです。
外部の壁等の損傷、安全性の低下や生活への支障などは資産価値を損なう恐れがあります。そのため、定期的な建物診断を行い、マンションの性能維持に細心の注意を払う必要があります。

計画的な修繕

現時点におけるマンションの性能を、生活・実用上支障のないレベルに戻す工事を《補修》、新築時の性能レベルに近づけ回復させる工事を《修繕》、さらに時代性や環境への適応を踏まえた建物の性能レベルに近づける工事は《改良》といい、これらの工事を計画的に行う事が大事です。築後の経年変化に伴う建築物保全目的に留まらず、時代のニーズに合う快適性の向上を目指し、長期的な修繕計画を提案して参ります。

大規模修繕工事

建物の新築とは異なり、皆様の日常の生活を維持したまま進める大規模修繕工事は、管理会社としての豊富な知識と経験を活かし、ご入居されている方々に優しい施工を実現いたします。

figure_section740_10

改良工事

普段、あまり目にすることのない各設備についても、最新の動向や他のマンション事例などを加味して、そのライフサイクルを判断し改修提案を行います。また、大規模修繕工事にあわせ、新しい設備や機能を効率的に導入して、資産価値の向上につながるご提案をいたします。

figure_section740_12