nfield

新たな環境フィールドへの挑戦
三井物産フォーサイトでは、新たな挑戦として、新しい事業領域をアクティブに目指しています。

 

太陽熱エネルギー

 

集熱器を用いて太陽光を熱に変換し、熱せられた空気や蒸気を用いてタービンを回し発電。直射日光の多い広い土地が必要ですが、蓄熱できるため連続的運転が可能。

 

風力発電

 

三井物産で実績のある風力型発電システムを、環境破壊防止活動の一環とし、様々な企業との協業化を図り、永年培った施設管理、技術者育成のノウハウを活かし取組みを開始。

 

汚泥処理

 

地球温暖化防止や循環型社会の構築が重要な課題になっています。下水処理過程で発生する下水汚泥もバイオマス資源と位置づけし、処理により得られる消化ガスを発電等に有効活用する試みを積極的に検証。CO2削減に貢献することから、今後重要な取組となります。
蓄電池システム

 

気象異常による停電他、不安定な電力供給等、事業価値(操業)の維持も大きな課題になっています。非常時のバックアップ電源をはじめ、夜間充電した電力の白昼使用等のピークシフトの実現も、大規模電源を必要とする施設やビルでは大きな重要な課題です。三井物産フォーサイトではメガソーラー(太陽光発電)に加え、エネルギープールという観点から、新しいエネルギーと共に、電力供給の持続を目指し取組んでいます。

 


 

pagetop