多種多様な「再生可能エネルギー」事業に取り組み、次世代社会が求めるニーズに応えます

三井物産フォーサイトでは、多種多様な施設の管理で培ったノウハウを生かし、メガソーラー発電所、地域冷暖房施設、バイオマス発電所等のエネルギー関連施設の運転・保守管理を行う他、関連事業として電力の取次販売も行っております。

日本国内では2012年7月「再生可能エネルギー特別処置法」(固定価格買い取り制度)が導入され、再生エネルギーに関わる設備投資や税率控除を含めた規制緩和が進んでおり、多くの企業がCSR活動の一環とし太陽光発電事業への参入を表明しております。
三井物産フォーサイトは、三井物産グループの総合力を結集し、最先端テクノロジーと技術力でエネルギー事業を支援し、地域社会へ貢献します。